早期の治療が大事

女性

薬物療法以外の治療

うつ病を発症する場合は、主に抗うつ薬が処方されます。抗うつ薬は、いろんな種類がありその症状によって処方される種類も変わってきます。ですが、主に治療していくものではセロトニンを分泌させる効果のある薬が処方されることが多くあります。セロトニンとは脳内神経伝達物質の一種で、うつ病はそれが不足することで発症する原因の1つといわれています。そのセロトニンを薬を服用して脳内に分泌させ、頭の働きを良くし、ストレスを感じにくくさせ徐々に症状を改善させていくことを期待していきます。抗うつ薬はすぐに効果が表れるものではありません。そのため、服用しても効果を感じないことから、薬が効いていないのではないかと不安になる人もたくさんいます。抗うつ薬の効果は大体2週間たってから効いてくるといわれています。そのため、あまりに症状がひどくなってしまった人の場合は、すぐに症状を改善する必要があるため、通院しながらの服用は危険を伴うことがあります。なので入院しながらの治療が行われることもあります。うつ病は、最悪自ら命を絶ってしまうこともあり、注意が必要となる病気です。そのようなことにならないよう、入院しながら状況を見ていき、治療していきます。うつ病を発症し、病院で治療を行う際は薬物療法が主な治療法となっています。しかし薬を服用していくのは抵抗があるという人は多く、そのため病院で診てもらうことに躊躇する人もたくさんいます。薬物療法以外に何か治療法はほかにないのか、そう感じる人も多く、治したくても抵抗感から治せずに放置することもあります。現在は、薬物療法以外の治療法を行っている病院は日本ではまだ少ないのかもしれませんが、だからといって薬以外の治療法がないというわけではありません。うつ病の治療法は徐々に広がっています。現在で少しずつ知られるようになってきているのが、認知行動療法です。まだ認知行動療法を行うことができる医師が日本では少なく、その治療法を行っている病院は少ないのが現状です。もし認知行動療法に関心を持つのであれば、その治療法を行う病院を探すことしかありません。うつ病は早期発見をすることで、早めに治していくことができます。もし放置しっぱなしで改善させる見込みがなければ、ストレスを感じやすい状態になっているため症状が悪化する恐れがあります。悪化すれば入院する可能性も高まります。入院することになれば長期の治療を要することもあるので、症状を放置せずに早めに病院で診てもらうことが望ましいといえます。