サポートを受けやすい環境

悩む女性

開放処遇をチェック

うつ病による抑うつ症状の先にある悲観的な思考に移行してしまうと、いわゆるリラックス法というものは何の効果もありません。これは、何をしても気分を晴らすことができないゾーンまで、うつ病が進行してしまっているからです。無理にリラックス法を試そうとすると、気分は晴れないので、何をしてもムダという絶望感に変化します。やがて、感情が揺れ動かなくなり、最終的には生命力の衰退につながる危険性もあります。日常的な気分の落ち込みからスタートして、生命力の衰退までつながるとは、本人も周囲も予想できないことです。しかし、うつ病というのは、放っておくとそのような経過をたどる病気です。あまりにも絶望感が強い場合には、本人も周囲の人も接しているうちに、心と体が疲弊していく可能性が高いので、医療従事者に任せることが大事になります。うつ病は基本的に通院治療が多いですが、入院治療により、互いに心と体を休ませることが必要です。その間に、悲観的なゾーンに入って起きる、いわゆるぐるぐる思考を医学的に修正していくこともあります。治療の必要性や入院治療の必要性は、専門医でないと判断できません。自分で、こうしなければならないと考えこむのではなく、受診することが重要です。精神科専門の病院やクリニックは、専門性が高い反面、設備が整っていないこともあります。もし、重症の場合で、周囲のサポートを受けづらい環境にある場合には、入院設備が整っているかどうかも考慮しながら病院を探すことが大事です。全国的にみれば、うつ病を疑う場合、精神病院を直接、受診するケースが多いというのが現状です。急性期の状態に近い場合も、ファーストチョイスは、精神病院になります。緊急入院が必要な場合を除けば、退院後のこともしっかりと考えて、やはり近距離のクリニックなどを選ぶことが大切です。入院中も退院後も、治療には家族や周囲の人の協力と参加が欠かせません。サポートしてくれる人に近いところで、選んでいくことも大事になります。また、開放処遇に力を入れているかも大事なポイントです。うつ病で入院する場合、状態が回復してきてから開放処遇に移すのではなく、最初から開放処遇で扱おうとするクリニックがベストです。開放処遇があるところは、本人と家族、クリニックとの間に、説明と合意があることが不可欠なため、インフォームドコンセントもしっかりしています。加えて、短期入院にもつながり、退院後に別の病院に移動することなく、治療関係を続けていくことが可能です。