長期の休暇も必要に

悩む女性

うつ病にかかった人が入院するまでの症状になった時は、その回復に相当な時間を要することになります。職場の理解を得る必要もありますし、家族の協力が大事なことになります。そこには長期の休暇を取る必要もあると知っておくべきです。

詳しく見る

急かさずじっくり構える

男性

うつ病は多くの場合、投薬治療で治すことができます。しかし重症の場合や自宅にいながらでは満足な投薬治療が難しいときは入院治療が選択される場合もあります。そこで重症になる前にうつ病を早期発見して治療を開始するのが回復の為のポイントです。

詳しく見る

サポートを受けやすい環境

悩む女性

うつ病の治療には、周囲のサポートが必要なため、互いに疲弊しないように入院治療を行うことも大事です。また、自宅やサポートしてくれる人の家から近いところで、開放処遇があるクリニックで入院治療を行うのがベストです。

詳しく見る

早期の治療が大事

女性

うつ病を発症し症状が悪化すれば、入院する可能性も高まります。治療法は主に薬物療法となっていますが、それ以外の治療法では、まだ日本では数少ないながらも認知行動療法というものが出てくるようになっています。

詳しく見る

治療に専念する

医者

気になる治療費は

うつ病のような精神疾患は入院しなければ治らない病気ではありませんが、場合によっては入院したほうが効果的に治療できることがあります。入院治療するメリットは数多くありますが、何と言っても日常生活のさまざまなストレスから解放され、治療に専念できることでしょう。うつ病は休養が大切だとわかっていても、仕事や家事があると簡単には休めません。また日頃の生活習慣が乱れがちな方は、病院で規則正しい生活をすることにより生活のリズムを整えることができます。医師や看護師が身近にいるので、困った時には相談しやすいし、薬を飲み忘れたりする心配がないこともメリットです。同じような症状で悩んでいる患者さんが近くにいれば、共感が生まれ孤独感が和らぎますし、仲間が次第に回復していく様子を見れば希望が湧いてきます。そして家族などの看護・介護疲れを防げるという利点もあります。なお自発的に入院する際には本人の同意書が必要です。保護者の同意で入院する場合には、事前に家庭裁判所の審判が必要になりますが、病院によっては受け付けていない場合があります。また飲酒や薬物を乱用するとか、面会時間を守らないなど規律を守れない人は強制退院になることがあるので注意してください。うつ病で入院するメリットは数多くありますが、一方で費用のことが心配な方も多いでしょう。平成28年度の調査によれば、うつ病で入院したときにかかる平均的な費用は1日あたり約2万円となっています。これは診察費や薬代のほかに、食費や日用品費や差額ベッド代などを含んだ費用です。ただし差額ベッド代は病院によってかなりの違いがあります。任意入院の場合は退院も自由で、病院側が強制的に止めることはできません。しかし多くの患者さんは、治った実感が得られるまで病院に残る傾向があるようです。退院までの期間は平均113日とされており、18%の人は6か月以上も入院しています。これだけ長期間にわたり仕事を休んで治療に専念していると、経済的な不安が出てくるのは当然かもしれません。少しでも経済的な負担を軽くする方法としては、健康保険の傷病手当制度が挙げられます。また自治体から障害者手帳の交付を受ければ、税金や公共料金などの減免を受けられる場合があります。さらに1年間の医療費が一定額を超えていれば、高額療養費制度で自己負担額を減らすことができます。こうした公的な制度を最大限に活用して、入院しても退職せずに職場復帰を目指すのもひとつの方法です。